ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
JCS・Gethsemane にはまりましたorz

何を突然この女は、という自覚がありまくりなのですが。
いきなりですが、JCS、「Jesus Christ Superstar2000」のジーザス様Glenn Carter氏にどつぼにはまってます。TedNeeley氏でもSteve Balsamo氏でもありません。Glenn様です。
まーさーに、助けてジーザス、という心境そのものorz

そんなわけで、今回は久々に煩悩まみれのシャウトです。
興味がない方、私の近況確認がてら読んでくれてる友人の方々ゴメンナサイ。
アホ全開です。

続きを読む >>
| 観劇 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
ヅカ観劇「ソロモンの指輪&マリポーサの花」
先週、大阪に行ってきました。
便乗のような形だったのですが、気がつくと3泊4日の大旅行。
そのうちの1日にせっかくだから行ってきたら?と夫が言ってくれたので、宝塚大劇場の公演に行ってきました。都合いい日が8日しかなかったので、その日をローソンチケで取ったんですが……この日が初演の初日だったそうで。よく取れたな〜。
というわけで、子どもを付属のチャイルドルームに預けて、3時間、堪能して参りました。
ネタバレ部分ありますので、以下は興味のある方だけどうぞ。


 
続きを読む >>
| 観劇 | 00:07 | - | -|- pookmark
レミゼ観劇
9/5夜公演を、博多座で観てきました。
席に着くまでが大騒ぎ(笑)。同じ産院で仲良くなった友人と、かたや大分から、こなた佐世保から出発して博多で合流。午後いっぱいを子連れであちこち歩き回って楽しみました。そんで、どちらも最終の特急で帰宅。不良主婦極まれりって感じですな(笑)。
続きを読む >>
| 観劇 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
宝塚BOYS 観劇
昨日、東宝の「宝塚BOYS」福岡公演を観てきました。この公演の大千秋楽でした。最後の舞台挨拶で花緑さんがそうおっしゃったので「そうだったのか?」と例によって初見にはまったく予備知識がないまま臨んでいた私は驚きました。
そのせいであんなに盛り上がっていたのか……と思い当たることはたくさんありました。

元々あまり期待していなかったので(ミュージカルではないし、タイトルからしてキワモノ?と思ってた)、気楽に客席に入ったわけですが、いやいや、とにもかくにも、ものすごく楽しかった舞台です。何というか、見終わったあとの興奮は、2001年10月のエリザ初見以来のものでした。
続きを読む >>
| 観劇 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
MA 千穐楽
先週末、福岡に帰ってました。
博多座前楽・千穐楽観劇のために私は帰ったのですが、旦那の名古屋出張の帰りが1日遅れたために、前楽の日は託児ルーム探しにあたふたしました。急だから親が見るのもダメだったんで。
観劇も直前に飛び込んで直後に帰るという感じで、余韻も何もあったもんじゃなかったです。ちと口惜しい。せめて祐様の出待ちくらいはしたかった(笑)。
『マリー・アントワネット』については、初日を観たあとにいろいろ感想を書いていたらものすごく辛口(つか罵倒)になってしまったので、結局ブログにはあげられませんでした。そのうち、ちょっとマシにしてひっそり上げます。舞台は日々向上・変化していくものですが、前楽・千穐楽とも初日に比べるとよくなっていたんですが、やっぱなー、構成と演出がどーにもこーにも。役者さん達の仕上がりとテンションの高さ、技術力の高さはそれはもうすばらしく、歌・演技そのものは最高の舞台だったんですが(前楽・千穐楽とも)、何にしても演出と構成がね。最高の具材を勘違いしたスープで作ったラーメンのような感じ。アニエスの歌声は圧巻でしたし、両方のMAもすばらしかった。ボーマルシェ最高(笑)で、祐様はもちろん言うまでもなくGOOD(何度も音はずしかけたけど/笑)。……でもね。という感じで、何だろう、一言で言えないんですけど不快感が残る舞台でした。
同じように主役がいない群像劇なのに、レミゼと違って不快なんですよ。主役が定まらないようにしているわりに、それぞれのクローズアップが物足りないから据わりが悪い。見終わったあとに「……で?」と言いたくなるような感じでした。……本音を言うと、ラストシーンを観たとき、某エ○ァンゲリオンの拍手ラストを思い出したw
「エリザ」「モーツァルト!」に比べて、耳に残るナンバーが少ないのも痛いかなぁ。エリザは「闇が広がる」、モーツァルト!は「星から降る金」「影を逃れて」とか、初回観てがつーんと脳にメロディをたたき込まれるナンバーがあるんですが、MAはそういうのがなかったです。何とか「百万のキャンドル」かな。3回観るといくつか残りましたけども。
クンツェ&リーバイの舞台はすべてデッドエンドの話なんですよね。エリザベートは暗殺で、モーツァルトは自殺で、マリー・アントワネットはギロチン。……考えたらすごい悲惨だな。祐様出てなかったら、ハッピーエンド好きの私は見に行かないかも知れない(笑)。
これから大阪公演後に東京凱旋公演があるらしいですが、ほんとに凱旋なのか?と疑問な舞台でした。
それよりも、秋のモーツァルト!東京公演を見に行きたいなりよ……

あ、思い出した。
モーツァルト!に飢えていたもろとは、ついつい「2005年キャスト版ハイライト・スタジオ録音 モーツァルト!」のCDを買ってしまったのですが、それ、すでに持ってるヤツでした……orz 3200円もしたのに。
というわけで、だぶってしまった新品未開封の方、3000円(メール便送料込)でどなたか買ってくださいませ〜。ご希望の方にはもろと特製の無添加石鹸もおつけしますので〜(-人-)。←あ、石鹸送る場合は送料だけ別に下さい。定形外で送りますので。
 
| 観劇 | 17:03 | comments(2) | trackbacks(0)|- pookmark
Page: 1/1   


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />