ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おとなもかかる手足口病orz
手足口病ってーと、子どもがかかるイメージの病気。
文字通り、手と足と口にぶつぶつができて高熱が出る(順不同)病気で、ウィルス性のため飛沫感染します。
今年は特に流行しているらしく、気がつかないうちに小坊主が罹患しておりました。
それにおとなの私がかかってしまい、先週はほんとうに大変でした。
 まず先週の日曜からだる〜くなって、月曜の午後にいきなり39度の発熱。
身動きとれない高熱って、本当に久しぶりだったため、いきなりの発熱だったせいで延長保育にも頼めなかった小坊主と午後をだらだらと過ごすことになり、死ぬ思いをしました。
5歳男児、母が発熱してぐったりしててもちーともわからないんだな……orz 空気なんて読めないんだな。外遊びに行きたがって、それをなだめるのも怒るのもしんどかった。
さすがにこりゃもたんと、いつもは残業で遅い夫に早い帰宅要請をし、晩ご飯を買ってきてもらいました。父と子の分。母の分も買ってきてくれましたが、食べる気にならなかったのでポカリだけ飲んでおしまいに。
火曜の朝はそのまま高熱が下がらず、夫に急きょ午前中休みを取ってもらって小坊主の送り出しと、病院につれてってもらいました。自力で運転は無理だった。
そこで先月から続いている気管支炎だろうと言われ(確かに喉は腫れ上がって痛かった)、抗生剤と熱冷ましをもらって帰宅。
しかし症状は改善されず、汗かきまくって気持ち悪いので熱が下がらないまま強引に風呂に入った時(夫は止めたが強行)、気づきました。

手足が痛い!って。

湯で温められた掌を見たら、真っ赤に腫れ上がってあちこちに湿疹ができてました。
確かに歩くたびに足の裏に激痛が走るのはわかってましたが、もともと踵が乾燥して逆むけだらけだったので、痛いのが常態だったのでそれとはわからなかった。
確かに確かに、歩くといたーいヽ(`Д´)ノ
湯で温めて現実を把握して、「ひょっとして……?」と思い至ったのが手足口病。
前の週に小坊主のクラスでかかった子がいると、その時聞いてた症状と合致。
翌朝、熱が37度台に下がったので、自力で病院に駆け込んで見てもらったら、手足口病だろうと診断されました。
だろう、というのは、その先生は「大人がかかったのは初めて見た」だったからorz
大人がかかるのはそれだけ珍しいらしいです。疲労やストレスで免疫力が低下していたのだろうと言われ、とにかく安静にしとけと言われました。アレルギーのかゆみ止めをもらえました。

このときには、口の中がとんでもない痛みに見舞われてまして、舌先にぶつぶつがいくつもでき、喉の奥にも同じようにできていたらしく、つばを飲むのも頭痛がするほど痛かったです。
あまりの痛みに常にかみしめてしまい、いつも以上に肩こりがひどくなったほど。
火曜は所用でその後外出せねばならず、暑さもあってへとへとになりました。で、翌日撃沈。
結局3日間、小坊主は延長保育をお願いし、ひたすら養生につとめました。小坊主のお迎えを含め、外出時にはマスク着用を徹底しました。
ようやくこの週末で症状は落ち着き、残るは喉の痛みのみになりました。ああ、健康ってスバラシイ。

水曜の夜、気になって小坊主をひっくり返してあちこちを検分してみました。
手足、異常なし。口の中、周囲、異常なし。発熱、まったくなし。皮膚が柔らかい部分、異常なし。
じゃあ私は誰から感染したんだ?と不思議になり、小坊主に尋ねました。
「どこか痛くない?」
「いたくない」
「手は?」
「いたくない」
「口の中は?」
「いたくない」
「足の裏は?」
「……へんなかんじ」
何!? と即座にひっくり返し、足の裏をじっくり見てみましたら……うっすらと、実にうっすらと、茶色い斑点がいくつか散っている、ような、気がする……(自信なし)。
「(ぐいっと押してみる)痛い? ずっと痛かった?」
「いたい! うん、ずっと」
「おまえか!」
かる〜く罹患して、そのまま治っていたらしい……もう茶色いし、見分けも付きにくくなっていました。
熱も出なかったし、食欲も落ちず、元気に幼稚園行ってたから気づかなかったー。

大人になって「子どもの病気」にかかると辛いんだなぁとしみじみ思い知りました。
今年はこういうウィルス性の病気が大流行しているそうです。
どうぞ、みなさんも健康にはご注意の上でお過ごし下さい。
手足口病その他、子どもだけの病気じゃありません……orz
複合ウィルスの病気なので、今回の原因のウィルスではないウィルスでまたかかることもたまにあるそうです。怖いですねぇ。
| 育児 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark



http://blog.hodohodoh.net/trackback/1043912


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />