ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
三つ巻きと格闘

相変わらず仕上がった作品は増えませんが、ミシンとは戯れております。

バザーに向けて大量?生産したショルダーパットの仕上げを放置して、今日は廃線あとをたどる旅に出発。
今日の目的地は香月線。旧国鉄時代の1987年に廃止になった、中間市の中間駅と八幡西区の旧香月駅の線路跡を歩いてたどりました。
夫が一時「最短路線だったくらいのみじかーい距離だから歩こう」とか言い出すんだもん
なので、JR中間駅から線路跡をたどったんですが……
これはまた明日のお話。写真も少しあるので、明日こそは書く!

そんなこんなで疲労困憊して帰宅後、何を思ったか深夜近くになって「三つ巻を研究する!」と思い立ちました。何でやねん
バザーのために弁当包み用の大判ハンカチを作りたかったので、その研究です。今までどうしてもうまくいかなかったんで。


 
というわけで、試行錯誤、迷走の始まり。

最初はオーソドックスに、三巻押さえを使ってみました。
手順はあちこちのサイトやブログに書かれているように、
(1) 端を少し三角に切り落とし、
(2) 3mmで2度折る。それを爪できっちり折り目をつける。
(3) 押さえの下に敷き、1-3cmくらい折り目をつけたところを縫う。返し縫いもする。
(4) 三つ巻き押さえに巻き込むようにしてゆっくり縫う。

……できませんでした。
何度やってもうまくできないーヽ(`Д´)ノ
つまり、私は不器用なんです、はい。

そこで、ない技術は買え、ということで、買っておいた三つ巻きのラッパを装着。
これまたオークションで落とした回転式の中古のラッパ。
1/8なんで、まぁ3mmです。 
上記の手順でやり、
(4) は回転してよけておいた部分を布を巻き込んですーかすーか往復して調整し、縫う。
に変わりました。
そしたら……笑えるくらいにうまくいくのです。
できたのがコレ。
ふぉーぜの弁当包みハンカチ
クリックしたら拡大します。縫い目をぜひ見てちょ。

これは小坊主用の弁当包みのためのナプキンです。今、使ってるのが私の古いナプキンで、もう何十年も使ってるんです(たぶん亡き母が作ったものなので、軽く35年くらい)。
使用に差し障りはありませんが、物持ちいいよね、自分……
で、しかも花柄。こりゃあんまりだろとは元々思ってました。
小坊主は別に文句言わないし(たぶんライダーでなきゃどうでもいい)、三つ巻きうまくできないしなーと放置していたのでした。
で、この際で作ってみた。

この生地はたまたま安く手に入ったので、甚平でも作るかと思っていたんですが、夏はちょっと忙しすぎ→虚脱で、家でミシンに触る気にならなかったため、完全に時期を外してしまいました。
で、何とか利用しようと思って、これを4枚作りました。
……考えたら、ナプキンって1mで4枚しか作れないんだよね。きわめてシンプルだけど、原価はかなりかかる作品だなと痛感。こういうキャラ生地はともかく、普通に1m780円くらいする生地だと、200円近くかかるわけで。うーむ。商品にするかどうかは少し考えよう……

この三つ巻きのラッパは、たぶん無名ブランドです。中古です。送料込みで1500円くらい。三つ巻き部分の一部がぺらぺらしてて、金属疲労でそろそろポキッといきそうです。
そんなものでも、ぎしぎしいってるネジ部分に油を差し、ネジで固定し、取り付けたらば、あっという間に縫い上がりました。
道具ってすごいですねぇ。本当にすごい。私なんかがうまくなったような錯覚を起こしてしまいそうになります
ただ、欠点が一つ。
専用の押さえがないせいか、ラッパ口と押さえ(アウトレットで買ったスイセイのバインダー押さえを装着)の距離がちょっとありまして、縁ぎりぎりに針が落ちてしまうのです。
あと1mm、内側に入ってくれたらいいんだけどな。その調整ができない。もどかしい。

しかし、調べるってのは大事ですな。
以前はいきなり何の予習もなくこのラッパに挑戦して見事玉砕をくらい、二度と使うもんかー、と思うほどうまくいかなかったのに、たった数ページでもネットサーフして予習したら、上記手順が確立したわけで。
参考になる文章や映像を上げて下さっていた方々、ありがとうございました。
いやもう、本当にありがたすぎる

そんなわけで、ミシンと戯れる楽しい日でした。

翌日追記。
中途半端に残った生地(110cm巾で25×40が2枚分残った)で、ランチョンマットを作りました。
同じように三つ巻き処理で。
しかし、ランチョンマットは2枚仕立ての方がいいかなーと思いました。
リップルだとうねるしね。
まぁせっかく作ったので、小坊主には使わせますが
| ミシン | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark



http://blog.hodohodoh.net/trackback/1043957


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />