ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
無料着付け教室 修了式
日程の都合でまだ着物問屋見学には行ってないんですが、とにもかくにも、修了式を迎えました。
朝から訪問着の着付けをやって佐世保から福岡へ。時間との闘いってのは、先に予行練習(姪の入学式)でやってましたが、何度やっても緊張しますねぇ。

土曜の朝、6時前に起きたらすでに夫は起きてました……どうしたんだ!?と思ったら、私が着物を着付ける前に、車のメンテをしようと思って待ち構えていたらしい……子どものことがあるからね。
相変わらずマメな男だと感動しつつ、まぁ着付け前の雑用をやってるうちに終わるとのことなので彼を待ってから、着付けをしました。
要所要所で衣紋と衿を確認しつつ作業を進めたのですが、待ち合わせ場所に着き、バスに乗って荷物を網棚にあげてしまうと、すでに衣紋は詰まってました……orz あああ。なんてこった。
肩から上に腕を上げたらいかんのよね。反省。
それでもまぁ初級クラスにしてはきちんと着れている方らしいです。結局、夕方実家に着くまで10時間近く着ていたのに、着崩れは衣紋だけでしたんで。
何で衣紋が抜けないんだー!!!!!
会場ではたくさんの着物姿で、それぞれの指導者の癖が出ていて、おもしろいなぁと思って観察してました。
やっぱ上手な人の着こなし方は違いますねぇ。
一通りきられるようにはなりましたが、もっともっとキレイに着られるよう、普段着から着物に親しみたいなぁと思いました。

修了式後のパーティが終わる頃を見計らって、夫が子どもを連れて迎えに来てくれました。ちょうど帰省するついでに。途中の駅に立ち寄って列車を見まくってきた小坊主はものすごく興奮したらしく、私が合流した時にはぐっすりチャイルドシートで眠っておりました。まぁ愚図ってなくてよかったですけど。
せっかく着物を着たので、昔着付けの師範をやっていた祖母に見せるべく実家に向かいました。そんで実家で洋服に着替え、小坊主の誕生祝いをするために夫の実家に行きました。
祖母が洗い張り済みの紬生地・胴裏・八掛をくれたので、秋には着られるように、夏の間に仕立てに出そうと思いました。落ち着いた緑の格子柄で、街着というかちょっとしたお出かけにちょうどよさげな紬なので、使い勝手が良さそうです。

しかし年寄りっちゅーのは何であんなに悔やむかねぇ。
私が着物に興味なかった頃に、形見分けとしていろんな人に着物をあげちゃったことをいつまでも悔やむので、ちょっとねたらーっ。孫にあげたかったという気持ちは嬉しいけど、人にやったもんをいつまでも悔やんでんじゃねーよ、ばーちゃん(苦笑)。
ともあれ、これで今期の訪問着を着る機会は終わりました。汗取りその他の手入れをして仕舞わねば。パーティで食事中に染みを1カ所作ってしまったので、それを何とか落とさないとな〜(--;)。
| 無料着付け教室 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark



http://blog.hodohodoh.net/trackback/746474


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />