ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
無料着付け教室 16回目
今回は半幅帯です。
季節もこれから夏に向かうので、浴衣と合わせての着付けのお稽古になりました。
GWをはさんで久しぶりだったので、持っていくものに戸惑う(笑)。一時保育をお願いする保育園への連絡を忘れそうになったり。
半幅帯は博多献上の思いっきり典型みたいなのしか持っていないし、浴衣は10代の頃に作った藍染めなんで柄も色も若く、この歳で大丈夫か?と不安になりました。
最初に習ったのはリボン結びでした。つけ帯でよく見るタイプ。私が不器用なせいか、何度やってもリボンがいびつな形になってしまう〜。半幅は前で結んで後ろに回すため、どうしても帯がゆるんでしまいます。ううむ。これは練習するしかないか。
この結び方はお嬢さん用で、ミセスにはちょっと……という感じ。姪に着せてやるときくらいしか結ぶ機会はなさそうです。さすがに不惑近いしな……orz
その後、貝の口を習いました。こっちは何か男性的ですっきりするし、結び方もわかりやすく、不器用な私でも何とかきちんとしたように見せることができました。こっちはミセス用だと先生に言われたことだし、浴衣となるとこっちの結び方になりそうです。
しかし藍染め&赤い博多献上とくれば、どこの子どもだ……という風情。着るのはちょっと恥ずかしいかも。
この浴衣は私の体格に合わせて仕立てているため、ものすごく着やすかったです。今ほど裄を長くしない風潮だったのか、ちょっと裄丈が短いけど、浴衣はそんなもんですしね。いくら着物がサイズにおおらかだとしても、ジャストサイズとの違いってこんなにあるんだなぁと思いました。

13回目以降はオマケのように続いているお教室。遅れて参加してきた人の日程に合わせているので、あと2回で終わります。残る2回、何習おうかなー。
単衣の遠州紬みたいなのを祖母からもらったので、それを着るお稽古でもしようか、仕上がったと連絡があった夫母の大島紬でも試しに着てみようかな。
来週は皆さんで「お稽古後に着た着物のまんまお茶に行こう」となったので、そのコーディネートに迷います。訪問着はもう染み抜きに出したし、冬に着てったポリ小紋じゃあ季節感が違うので、何か考えないと。
| 無料着付け教室 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark



http://blog.hodohodoh.net/trackback/767363


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />