ほどほどに徒然なる日々

気まぐれに趣味と育児を楽しむ日々の記録
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
無料着付け教室 17回目
いよいよ最後の日になりました。もう1回、あるかと思っていたけれども、都合でこの日が最後。
稽古後のお茶を予定していたのは、今回が最後だと予測していたのかも(笑)。
いきなり大雨注意報が出るほどの大雨に見舞われ、歩いてやってくる人はずぶ濡れの状態でした。何かを計画したときの私の雨女伝説は健在だったようです(--;)。

今回は仕立て上がってきたばかりの大島紬を持って行きました。あと、半巾の復習として半巾帯も。
紬はしつけ糸もそのままに袖を通してみました。裄は1尺8寸3分までしか出なかったので、それで誂えてもらいました。紬としてはちょうどいいかな。礼装としたらちょっと短いかもしれませんが。
柔らかものと違って、紬はまとわりつかないので、どこかごわっとした感じがあります。しゃっきりと着られていない気がして、何となくせっせとしわ取りをしてしまった(笑)。
和装ブラ+祖母の長襦袢で今回は臨んだわけですが、やはり和装ブラはいい! 胸が出っ張ってるのをちゃと抑えてくれるし、鎖骨の上の部分にパッドが入れてあるので底が凹まない=襦袢が滑らないため、襟元が崩れませんでした。加えて、祖母(若い頃は私と同じ背格好)の長襦袢なので、身幅が足りてるためずれないし。
身丈はやや長めに取ってあるらしく、注意しないとお端折りが母の着物のように長く出てしまうことと、ちょっと袖丈が長いかな、ということを除けば、仕立てには満足。袖丈が、はかったらどうも1尺3寸2分あるみたいなんですよね。49センチ=1尺3寸で頼んだつもりなんですが。祖母はすべての着物の袖丈を1尺3寸でそろえている人なので、その長襦袢だとちょっとだけ丈が足りず、ふらふらと振りがはみ出てしまいます。どうしたもんかなぁ。
あと、今日、衣紋掛けにかけておいた紬を眺めていたら、1カ所穴があいてました。小さい、1ミリにも満たない穴なんですが、これをこさえた覚えはもちろんありません。元の持ち主である夫の母は未使用のまま(しつけ糸かかってた)だったし、私も昨日お稽古で初めて出して身にまとった(1時間)だけで、もちろん外出はしていません。穴は大きくなる可能性があるので、子どもが昼寝から覚めたらちょっと悉皆屋さんまで行ってこようと思います。誰が作ったにしても、穴はふさがないといけませんしね。

紬を2回着たり脱いだりしてから、半巾で貝の口をもう一度おさらいしました。お太鼓・二重太鼓は何度も何度もしつこいくらいにお稽古したおかげで、頭を使わなくても手が覚えてくれている部分が大きいんですが、貝の口は1回、しかも1時間くらいしかやっていないので、キレイさっぱり忘れてました……なんてこった。
それを復習して、お稽古はおしまい。
長いようで短かったお稽古でした。ものすごく楽しかった。

今回、私がお世話になった無料着付け教室は、きもの装美着付学院さんです。
福岡・佐賀・佐世保で教室を展開されているそうで、私はちょうどインターネットでホームページを開いた直後に申し込んだ最初の人だったらしいです(笑)。
教えて下さった先生は佐世保で教室を持ってらっしゃる方で、とてもすばらしい先生です(ヨイショじゃないですよ!)。私は初級コース(無料)を終えてそれで終了なのですが、おさらい会その他にも是非いらっしゃいと誘っていただきました。とてもありがたいです。
無料着付け教室にありがちな押し売りも、道具購入の強要もありません。あるものを使うということで、無理なく参加できます。
もし佐世保在住で着付け教室を探しているという方がおられましたら、私が習った先生をご紹介しますのでご連絡ください。確実に4ヶ月で着物を着られるようになります! そして、先生はいっさい勧誘はなさらないのですが、自分から中級に進んで頑張ろうと思う方が多いようです。それくらい気持ちよく習えると言うことなんでしょうね。私も子どものことがなかったら中級に進みたかったです。有料で半年かかるから、今はちょっと無理だな〜(^^;)。パートでも決まれば是非トライしたいところですが。
佐世保にいる間にやっときたいなーと思うのですが、先立つものがないと何ともかんとも……とほほ。

お稽古後、雨が降る中、お茶をしに行きました。
行った先がお茶のみどり園の2階にある「茶房 夢心庵」なので、文字通り「お茶」(笑)。「やわらか抹茶ぜんざい」にうれしの茶「しあわせ心地(だったかな、名前はちょっとあやふや)」をセットにしたものを全員で頼み、うまー!と至福な時間を過ごしました。お茶、美味しかった〜。あんだけ丁寧にいいお茶を入れると、とてつもなく美味しいもんなんですねぇ。がさがさと情緒も丁寧さもなくがーっと淹れる癖がついている私は猛省しました。4番茶まで美味しいんだもん。目から鱗でした。お客は私たちだけだったこともあって、1時間半ほどゆったりとおしゃべりしました。早くこんな時間を持てばよかったなぁとちと後悔。
先生、N田さん、F田さん、ぜひまた行きましょうね! せっかくお知り合いになれたので、またお会いしたいです。

実は、お茶の席でこのブログのことをお知らせして、最後に教室の名前を出してもよいかと相談しました。
17回分も好き勝手なことを書いてきたので、名誉毀損(笑)で訴えられるか!?と心配でしたが、こんなに楽しく&気持ちよく終了することができたので、ぜひ無料着付け教室に不安を抱きながらも興味を持っている人がいれば参考にしてもらえたらなぁと思い、先生に相談したわけです。
先生は「そら見らんば(笑)」とおっしゃり、快諾してもらいまして、こうしてレポの最後にどこの教室かを明らかにいたしました。
別に、宣伝しているわけではありません。これで生徒さんが現れたとしても、私が得することは何もありません。
ただ、不安に思いながらも、身内に詳しい人がいなくて何が何だかわからないけど着付けを習ってみたい、お金はかけられないけど着付けを覚えたい、着物や道具の押し売り怖いから一歩が踏み出せないという方に、「ここは大丈夫ですよ」と1生徒の立場から背中を押したいと思っただけです。
ライフさせぼにたまに広告を掲載しているそうです。
ぶっちゃけた疑問(=学院側に聞けない)などございましたら、私に聞いてくださっていいですよー(^^)。
| 無料着付け教室 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark



http://blog.hodohodoh.net/trackback/773602


RECOMMEND
はじめての通園通学BOOK―作ってあげたい! (Heart Warming Life Series ソーイングpoch)() / 今回の園グッズはこれだけで作りました。女の子用のデザインも、布と色を変えたら男の子用になりました。裁ち合わせ図が載ってないものもあるので、細かいパーツが多いと直裁ちは面倒でした。図は全部載ってると初心者に親切かなー。 作ってあげたい男の子服() / こちらを参考にしてストレートのパンツとセーラースーツを作りました。さらにパンツ2本追加。掲載してるので見てね♪<br /><br /> 新装版 Rick Rack ソーイング基礎BOOK(御苑あきこ) / 小坊主のTシャツとパンツ量産に使用。縫い代付きで、自分で変更&応用はできませんが、そのまま縫えばいいので縫い線がばっちり合い、とても綺麗に仕上がります。2-5歳のお子さん持ちのビギナーには超お勧め。 男の子と女の子の服―まいにちふくつくってね (ソーイングpoch´ee Special)() / こちらを参考にしてクロップドパンツを作りました。<br /><br />